お知らせ
今まで当サイトをご訪問頂きありがとうございました。諸事情によりサイトの更新を停止致します。
アニメページにはアニメ動画配信サービスのリンクが貼られておりますので、そちらで視聴頂けますと幸いです。

新着アニメ

new anime

ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜

お気に入り登録

ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜

ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜の基本情報

放送期間
:2008年春アニメ
掲載動画数
:1話
PVを見る
YouTube ニコニコ動画
情報を見る
グッズ情報 公式ページ
アニメの評価
(3.5pt / 4人)

ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜のあらすじ

本作は前作に続き、原作の映画化となり、ドラム編を基にしているが、新たなオリジナル要素を加えて制作。原作者が企画協力を担当し、ドラム編では船に乗っていたビビとカルーが登場せず、未登場だったニコ・ロビン(原作ではまだバロック・ワークスの一員だった)やフランキーが登場する。麦わらの一味の船は原作のドラム編で登場していたゴーイング・メリー号ではなく、新しい船であるサウザンド・サニー号が本作で映画初登場するなど、パラレルワールド(麦わら海賊団に船医が居なかったと言うストーリー)展開に仕上がっている。

上映時間も今までの劇場版に比べて20分延長した113分で作られている。また前作同様、本編終了後に次回作制作決定の予告が流されたが、これまで毎年3月期に公開されていた劇場版『ONE PIECE』シリーズは次作『STRONG WORLD』が翌年12月の封切となった(翌年3月期は実写映画『釣りキチ三平』が公開された)。

監督は志水淳児。志水が劇場版『ONE PIECE』の監督を務めるのは、『珍獣島のチョッパー王国』以来4度目。

作画監督とキャラクターデザインを務めた舘直樹は、本作が初の劇場版作画監督&キャラクターデザインとなり(作画監督補佐経験は何度かある)、ルフィ達がTV版とは一味違った絵柄にリファインされている。ただし、作画監督補佐が何人か付いてる事もあり、ところどころは普段のTV版と同じ絵柄になっている。

本篇のDVDは特別編ともに2008年7月21日発売。「ワンピース」映画化10作を記念してBlu-ray Discが2010年1月21日発売。

※ONE PIECE劇場版9作目
※『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜 より引用

ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜の各話リンク

ONE PIECE 劇場版 エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜のコメント&評価

クリックでこのアニメを評価して下さい。
(3.5pt / 4人)

履歴&お気に入り

履歴ON