新着アニメ

new anime

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌

お気に入り登録

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌の基本情報

放送期間
:1998年冬アニメ
掲載動画数
:1話
PVを見る
YouTube ニコニコ動画
情報を見る
グッズ情報 公式ページ
アニメの評価
(5pt / 5人)

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌のあらすじ

幕末、薩長同盟の締結場所・鈴屋に「人斬り厳達」と呼ばれる剣客ら数人が襲撃してきた。護衛に当たっていた緋村抜刀斎は「人斬り厳達」と斬り合い、葬ることに成功する。その後、同盟は成立、そして時世は新時代と突入するのだった。

時は過ぎて明治11年。新しく建設された洋館を見物するため、陸蒸気で横浜に向かった剣心達一行(なお左之助はアニメでは陸蒸気を極度に恐がっていたが、なぜかここではとても興奮していた)。その帰路、酔った外国水兵が器物破損等の迷惑行為を働いている現場に遭遇する。直後、一人の女性が水兵に悪行三昧を止める様に説得するが彼らの矛先は彼女に向かってしまう。そこに時雨滝魅という男が現れ剣心と共に水兵に立ち向かう。時雨はその剣腕で水兵の持つ武器を一瞬で破壊するが遅れてやって来た警官隊から身を隠すため、剣心とある寺に向かう。そこで互いを認め合い後日、再会を期して別れるが剣心は時雨には近づくなという忠告を斉藤一から受ける。薫達と合流した剣心は英国公館前でさっきの女性は会津出身で高槻朱鷺という名であることを知る。剣心はその名を聞いて幕末に高槻厳達という剣客と戦ったことを思い出す。その時、英国公館で爆音が響き、戦闘が起こる。剣心達も現場に向かうが、陸軍の到着で敵は退却した。
※『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌 より引用

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌の各話リンク

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 維新志士への鎮魂歌のコメント&評価

クリックでこのアニメを評価して下さい。
(5pt / 5人)

※ネタバレや他の人が見て不快に感じるコメントは削除される場合があります。コメント欄は楽しく使いましょう♪

  • まだ誰もコメントしていません。

履歴&お気に入り

履歴ON