新着アニメ

new anime

かってに改蔵

お気に入り登録

かってに改蔵

かってに改蔵の基本情報

放送期間
:2011年OVA
掲載動画数
:6話
PVを見る
YouTube ニコニコ動画
情報を見る
グッズ情報 公式ページ
アニメの評価
(4.6pt / 5人)

かってに改蔵のあらすじ

『週刊少年サンデー』誌上において1998年21・22号から2004年34号まで連載。『太陽の戦士ポカポカ』の次の連載にあたり、サンデー上では4作目、久米田の通算としては5作目となる連載作品。また、久米田が長らく活動の場としてきた『週刊少年サンデー』において最後に掲載された作品でもある(2008年9月現在)。東京都練馬区と埼玉県の中間にあるという「とらうま(虎馬)町」(別名しがらみ(死殻海)町)を舞台(初期は与野本町だった)にした、一話完結式のギャグ漫画。虎馬(とらうま)高校2年生の主人公「勝 改蔵」は、元々天才で、ご近所からは神童と呼ばれていたが、羽美が改蔵を公園の遊具から突き落としてしまった事をきっかけに、現在は思い込みの激しい超変人になってしまった。ある日、ふとした事故で気を失った彼は、科学部部長「彩園 すず」の気まぐれ発言により、自分が改造人間になったと思い込んでしまう。こうして科学部改め科特部に所属することとなった彼は、様々な怪人(と決め付けたただの変人)と戦う決意をする。 後に、改蔵は幼少時代に地域のエリート塾「天才塾」に通っていたが、変人になり、おかしな言動をとるようになった結果、天才塾の崩壊、天才塾生達の変態化という事態を招いてしまうことになった事実が判明。連載初期はそのために天才塾の刺客に狙われるという設定だったが、後期以降はそのような設定があった事すら忘れ去られたように触れられなくなってしまった。序盤では露出などの下ネタを主としたギャグ展開が多かったが、中盤以降は日常的な物事を収集・羅列するネタが特徴的であり、それまであまり見られなかったマニアックなネタなども随所で見られる。これはアキハバラマップの作成を含めて畑健二郎の影響による所が大きい。「行け!!南国アイスホッケー部」や「ポカポカ」から引き続いて連載初期は北崎拓が頻繁にネタにされていたが、それ以後は藤田和日郎、万乗大智、猪熊しのぶ、赤松健といった面々や、畑健二郎や前田君などのアシスタントをネタにすることが多くなった。本作の作画方法、社会風刺ネタ、小ネタを多用する作風や、自虐的、猟奇的、ストーカー等のキャラクターの性格は後の『さよなら絶望先生』に引き継がれた。
※『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』 かってに改蔵 より引用

かってに改蔵のコメント&評価

クリックでこのアニメを評価して下さい。
(4.6pt / 5人)

※ネタバレや他の人が見て不快に感じるコメントは削除される場合があります。コメント欄は楽しく使いましょう♪

コメント数 : 6 件

  • avatar
    はた 2014/06/29 16:27:55 ID:U1NDUyNzI

    面白い

  • avatar
    ミン斗 2014/06/13 17:09:03 ID:U0MDc0NDM

    改造くん面白い〜

  • avatar
    ランナー 2014/06/13 17:08:21 ID:U0MDc0NDM

    さよなら絶望先生みたい

  • avatar
    ピープル 2014/06/13 16:55:39 ID:U0MDc0NDM

    さよなら絶望先生の漫画家〜

  • avatar
    ピープル 2014/06/13 16:54:31 ID:U0MDc0NDM

    意外と面白い

  • avatar
    ピープル 2014/06/13 16:27:35 ID:U0MDc0NDM

    意外

履歴&お気に入り

履歴ON